ディスカバー!宮崎

facebook
  • 20170314-osusumeshi_260x220_a.png
  • 週末イベント情報
  • 宮崎県総合計画・創生総合戦略
  • 20170314-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.png
ホーム特設・特集ページ > 人口ビジョン

特設・特集ページ

人口ビジョン

2016/04/04

宮崎県の人口に関する基礎知識

  • 合計特殊出生率は全国で2番目に高いものの、若い世代の女性が減少していることなどにより、出生数は徐々に減少しています。
  • 進学や就職の時期に当たる15歳から24歳までの年齢階級で県外への転出が多くなっています

※15歳から49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもので、1人の女性が一生の間に何人の子どもを生むかを推計したもの。

高い合計特殊出生率と若年層の大幅な転出超過
本県の人口推計(2060年まで)

4つの試算により2060年までの人口推計を行ったところ、最も人口が少なくなるパターン2が65.5万人、様々な施策の効果により合計特殊出生率の向上、若者の流出が抑えられたケース2では80.2万人と14.7万人程度の差が生じます。

ケース1・2の5歳区分の人口ピラミッド長期推計【左:男性、右:女性】

ケース2に近づけていくことで、若年層の割合が増え、「社会の若返り」が図られます。

未来のために、今始めよう!

高い合計特殊出生率や恵まれた子育て環境など本県の潜在力を軸に、産業の活性化・雇用の創出などの効果的な社会減対策と若者世代の増加による自然減対策との相乗効果で、人口増加に向けた好循環を生み出します。

イベントカレンダー

<   2017年4月   >
          12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

おすすめリンク