ディスカバー!宮崎

facebook
  • 20171215-keijiban.jpg
  • 20170314-osusumeshi_260x220_a.png
  • 週末イベント情報
  • 宮崎県総合計画・創生総合戦略
  • 20170314-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.png
ホームイベント情報 > 【企画展】「谷村計介 ~地方から見た西南戦争~」展 

イベント情報

【企画展】「谷村計介 ~地方から見た西南戦争~」展 

2019-03-15 ~ 2019-04-14
【企画展】「谷村計介 ~地方から見た西南戦争~」展 

「谷村計介」という人物をご存知でしょうか?

1853年、ペリーが浦賀に来航して開国を要求するという緊迫した年に、薩摩藩領 倉岡郷(現在の宮崎市倉岡)に生まれ、学問や兵学を熱心に修めた後、明治5年(1872年)に明治政府の陸軍軍人として入隊します。

鎮西鎮台(のちの熊本鎮台)に所属した計介は、江藤新平を中心として勃発した「佐賀の乱」(1874年)で、自らの危険を覚悟して味方の軍を援護した功績が認められ、伍長に昇進。その後も、台湾出兵(1876年)や神風連の変(1876年)へ出征する中、日本最後の内戦と言われる西南戦争(1877年)が始まりました。

この時、熊本城に籠城する薩軍の様子を、官軍本営に伝えるための伝令任務を託されたのが谷村計介です。熊本城(現熊本市)から本営(現玉名市)まで、あるときは「百姓」、またあるときは「豆腐屋の息子」と称しながら、薩軍兵士が目を光らせる中を進みました。

途中、2度の捕縛を経験しましたが、誰にも官軍兵士だとは気づかれずに官軍本営へと辿り着きます。遂に本営へ到着し、野津鎮雄少佐の前に立った時には涙を流したという計介。その勇敢な忠義の心は、のちに「軍人亀鑑」として軍人の手本になるのです。

そして明治10年(1877年)3月4日、いよいよ西南戦争最大の決戦のひとつである「田原坂の戦い」が始まります。

薩軍は高台から、官軍は平地からの攻撃をそれぞれに仕掛けていきますが、戦いを知っている薩軍が優勢となります。次々と薩軍の銃弾に倒れる官軍兵士たちをみて、計介は感情が高ぶったのでしょう…。倒れた兵士の銃を持ち、薩軍に向かっていくのです。

ですが、その姿を薩軍が見逃すはずもありません。四方八方から計介目がけて銃撃を始め、ついに計介は倒れます。田原坂の戦い初日、計介は25歳の若さでこの世を去ります。

この激動の時代を駆け抜けた勇猛果敢な高岡出身の軍人・谷村計介の生涯を「地方から見た西南戦争」と題してお届けるのが今回の企画展です。

宮崎県総合博物館より「谷村計介直筆書状」、熊本城調査研究センターより熊本城籠城時の発掘調査出土品(軍事資料、生活用品、筆記具等)など大変貴重な資料をお借りして展示するほか、倉岡周辺での動向や、計介が関わった熊本籠城戦と田原坂の戦いについてもご紹介します。

この企画展をきっかけに、宮崎市出身のもう1人の「偉人」を知っていただけたら幸いです。皆様のご来館をお待ちしています。

★チラシはコチラから→ダウンロード

◆関連リンク
宮崎市天ケ城歴史民俗資料館ホームページ
宮崎市天ケ城歴史民俗資料館Facebookページ
(Facebookアカウントが無くても閲覧可能です)


イベント概要


◆開催日程 2019年3月15日(金)~4月14日(日)
◆休館日  会期中無休
◆開館時間 9:00~16:30(最終入館 16:00)
◆開催場所 宮崎市天ケ城歴史民俗資料館 1階 企画展示室
◆入館料  無料

◆会期中イベント
・3月16日(土)企画展関連バスツアー【受付期間終了】
・3月19日(火)子どものための音楽会
※会期中の土日祝日には「館内クイズラリー」も開催!

日程 2019年3月15日(金)~4月14日(日)9:00~16:30
開催場所 宮崎市天ケ城歴史民俗資料館 1階 企画展示室
交通アクセス
お問い合わせ 宮崎市天ケ城歴史民俗資料館
電話番号:0985-82-2950
関連ページ 宮崎市天ケ城歴史民俗資料館ホームページ:企画展

イベントカレンダー

<   2019年5月   >
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031   

おすすめリンク

ページの先頭