ディスカバー!宮崎

facebook
  • 20190730-catchcopy3.PNG
  • 20171215-keijiban.jpg
  • 20170314-osusumeshi_260x220_a.png
  • 週末イベント情報
  • 宮崎県総合計画・創生総合戦略
  • 20170314-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.png
ホームイベント情報 > 【エントランスロビー展】新みやざき化石展 ~岡山清英コレクションの世界~

イベント情報

【エントランスロビー展】新みやざき化石展 ~岡山清英コレクションの世界~

2019-07-17 ~ 2019-09-01
【エントランスロビー展】新みやざき化石展

宮崎県総合博物館で、エントランスロビー展として『新みやざき化石展~岡山清英コレクションの世界~』が開催されます。

この展示会の化石標本は、宮崎化石研友会長の岡山清英氏(日向市在住)が、五ヶ瀬町鞍岡や、川南町伊倉浜などで長年採集したものです。今年度、新たに宮崎県総合博物館に寄贈されました。この貴重なコレクションの中から、500点以上を一挙に展示・公開します!

展示する化石標本の全てが、宮崎県内(川南町・五ヶ瀬町)で採集されたものです。また、現在では採集が難しい貴重な標本ばかりです。

子ども達から一般の皆さんまで、皆さんが読んで楽しめるような説明・解説の掲示をします。さらに、貝化石やサンゴ化石に触れながら観察できるコーナーも準備します。

また、化石を採集した岡山氏ご本人によるギャラリートークも予定しています! 夏休みに、ぜひご家族皆様お揃いでご来場いただき、宮崎の化石の魅力をご堪能ください。

★チラシのダウンロードが可能です
・化石展案内:ダウンロード
・令和元年度カレンダー:ダウンロード

◆関連リンク
宮崎県総合博物館ホームページ
宮崎県総合博物館Facebookページ
(Facebookアカウントが無くても閲覧可能です)


イベント概要


◆開催日程 2019年7月17日(水)~9月1日(日)
◆休館日  毎週火曜日(8/13を除く)
◆開館時間 9:00~17:00(最終入館 16:30)
◆開催場所 宮崎県総合博物館 1階 エントランスホール
◆観覧料  無料

◆ギャラリートーク
・日程…8/12(月・祝)、8/16(金)
・時間…15:00~15:30
・場所…県総合博物館 1階 エントランスホール(化石展会場)
・講師…岡山 清英 氏(宮崎化石研友会 会長)
※事前申込不要

◆簡単!アンモナイトレプリカ
・日程…8/11(日)、8/14(水)、8/18(日)
・時間…15:00より開始
・定員…先着20名
・内容…プラスチック粘土のレプリカ作り
※事前申込不要


主な展示資料


◆【宮崎県五ヶ瀬町産】サンゴ類、ウミユリ化石、貝類化石
五ヶ瀬町の祇園山からは、九州最古の岩石と化石が産出します。石灰岩には、シルル紀(約4億3千万年前)の床板(しょうばん)サンゴや、ウミユリなどの化石が含まれます。床板サンゴは絶滅している種です。

祇園山で見られる代表的な床板サンゴは、ハチノスサンゴの仲間、日石サンゴの仲間、クサリサンゴの仲間です。延岡出身の東京大学名誉教授 濱田隆士先生(1933-2011)により1950年代から研究が進められ、これまでに50種類を超える床板サンゴが報告されています。

◆【宮崎県川南町産】クジラ、魚類、貝、カニ、サンゴ化石、植物化石
川南町の平坦な大地は、宮崎層群を段丘堆積物が覆ってできています。下部の宮崎層群は新生代新第三紀更新世(約200~150万年前)に、この地域で堆積した地層です。宮崎層群が堆積する最末期にあたります。上部の段丘堆積物は、後期更新世前半(13~7万年前)に形成された段丘で、平坦な地形(段丘面)になっています。川南町海岸では宮崎層群の化石が産出しています。

日程 2019年7月17日(水)~9月1日(日)9:00~17:00
開催場所 宮崎県総合博物館 1階 エントランスホール
交通アクセス
お問い合わせ 宮崎県総合博物館
電話番号:0985-24-2071
関連ページ 宮崎県総合博物館ホームページ:エントランスロビー展「新みやざき化石展」の開催のお知らせ

イベントカレンダー

<   2019年8月   >
      1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

おすすめリンク

ページの先頭