ディスカバー!宮崎

facebook
  • 20200313-chisan-chisyou.jpg
  • 20200324-corona3.jpg
ホームイベント情報 > 『王の夜のバレ』~舞踏でつづるフランス・バロック音楽の魅力~

イベント情報

『王の夜のバレ』~舞踏でつづるフランス・バロック音楽の魅力~

2021-02-23
王の夜のバレ

バッハやヘンデルなどのバロック音楽の中には、たくさんの「舞曲」が登場します。これらはどのような踊りなのか、と調べてゆくと17~18世紀にフランスの宮廷で盛んに踊られていたと言われる高度に洗練されたダンスにたどり着くのです。

当時の絵画のみならず、「舞踏譜」という独特の記録からもその当時の振付を再現することができるもので、その華麗でかつ繊細な舞踊は、近現代のバレエの基礎ともなってゆきます。

この雅なる17~18世紀フランス宮廷舞踏を、古楽アンサンブルで奏でる美しいフランスのバロック音楽とともにお楽しみいただきたいと思います。どうぞ、お楽しみに。

★チラシのダウンロードが可能です
・表面:ダウンロード
・裏面:ダウンロード

◆関連リンク
宮崎県立芸術劇場ホームページ
メディキット県民文化センターTwitter
宮崎県立芸術劇場Facebookページ
(Facebookアカウントが無くても閲覧可能です)


イベント概要


◆開催日時 2021年2月23日(火・祝)13:30開場/14:00開演
◆開催場所 メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)演劇ホール

◆出演
・大塚 直哉(企画・監修/指揮・チェンバロ)
・桐山 建志(バロック・ヴァイオリン/コンサートマスター)
・市瀬 陽子(バロック・ダンス)
・村山 亮(バロック・ダンス)

◆演奏 古楽器アンサンブル
◆協力 福永バレエ研究所

◆曲目
・J.-F.ルベル…舞踏さまざま
・J.-B.リュリ…『愛の勝利』より「アポロンのアントレ」
・歌劇『アルミード』より パッサカーユ
・F.クープラン…「フランスのフォリア、または色とりどりのドミノ」(クラヴサン独奏)
・『諸国の人々』より「フランス人」ほか

◆チケット(全席指定)
・一般…2,500円
・U25割…1,500円(鑑賞時25歳以下)
・親子割…3,000円(小・中学生+一般)
※座席票はコチラから→ダウンロード

◆チケットについて
・就学前のお子様の入場はご遠慮ください。
・車椅子席・介助席はメディキット県民文化センターチケットセンターのみでの取り扱いとなります。
・当日券が出る場合は500円増し(ただし、U25割、親子割を除く)。販売は、公演当日の午前10時から窓口・電話で行います。
・U25割は、年齢の確認ができる身分証の提示をお願いする場合がございます。
・割引サービスの詳細はコチラのページをご覧ください。

★ご存知ですか?グルメマップ
・チラシ表面:ダウンロード
・チラシ裏面:ダウンロード
・県立芸術劇場周辺の素敵なお店で割引など様々なサービスが♪
※特典は、お持ちのチケットの公演当日に限り有効です
※関連リンク:メディキット県民文化センターHP「グルメマップのご紹介」(各店舗の詳しい紹介あり)

日程 2021年2月23日(火・祝)13:30開場/14:00開演
開催場所 メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)演劇ホール
交通アクセス
お問い合わせ 宮崎県立芸術劇場
電話番号:0985-28-3208
関連ページ 宮崎県立芸術劇場ホームページ:オルガンとその仲間たちシリーズ2020 Ballet Royal de la Nuit 『王の夜のバレ』~舞踏でつづるフランス・バロック音楽の魅力~

イベントカレンダー

<   2021年3月   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031       

おすすめリンク

ページの先頭